*

家具の配置や不用品の処分など、ありがちな失敗を避けよう

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 引越し当日の事

この記事の所要時間: 49

95_original

家具の配置と荷物の行き先

 引越し先で荷物を運んでもらった時に、作業員に「どこに置きますか?」と聞かれて、「とりあえず、ここに。」と何も考えずに配置してしまうことが意外と多いのです。
やることが沢山あったり、急がされたり、その場しのぎで答えてしまいがちですが、一度置いた荷物をまた移動させるのは大変です。荷物であふれかえる中、大きな家具や家電をあとから移動するのは困難ですし、誰かを呼んで移動させるのは2度手間になってしまいます。家具や家電の配置は、その場で考えるのは難しいし、時間もかかるので、事前にどう置くか決めておくことが必要です。
下見する時にメジャーを持っていき、部屋の寸法と家具の寸法なども測っておきましょう。下見ができず、間取りしかわからない状況の時では、大きな家具や重たい家電の寸法だけは測っておき、少しでも早くトラックが到着する前に考えておきましょう。

 また、スムーズに荷物を運べるように、荷造りした時に段ボールに搬入先(居間、キッチン、トイレなど)と内容物(本、衣類など)を書いておきましょう。
また、すぐに必要になるものは、目印を付けておくことも重要です。たとえばトイレットペーパーやタオル、洗面道具、掃除用具、引越し後の家具や家電の設置に必要となる工具類、翌日から会社や学校などに行くような時は、必要な書類や洋服、化粧品などもまとめておきましょう。
ただし、あまり細かく記入しすぎるのも、当日迷ってしまいがちです。大きくハッキリと運ぶ場所が分かるようにすることが重要です。ダンボールを持った時、重ねて置いたときに見えるのも基本です。

引越し一言アドバイス

しっかり測っておいても指定された場所にタンスが入らない事も多く見受けられます。置けても扉が開かないとか、引き出しがあけられない事も。それ以前にそこまで運び入れられないという事態も珍しくありません。自信が持てないときには作業員に相談してみましょう。何十例と見て来ているので、いいアイデアが聞けることもあります。

引越し一言アドバイス

非常に几帳面に内容物が記入されていても、どの部屋に運ぶのかは記されてないことが大変多いようです。そのため一つ一つ運び先を家人に聞く羽目になり、聞かれたほうもわからず、「とりあえず・・」という結果になります。解決策としては記入する際に、青は寝室、赤は子供部屋という具合に、マジックペンなどの色で分けておくと便利です。

引越し一言アドバイス

引越しの際に忘れてしまいがちなのが、ベランダ。植物や物干竿や台などです。押し入れの上の天袋も忘れやすいようです。

ゴミの行き先。不用品の処分

 引越しをする時に出てくるのが大量のゴミ。いらないものを処分する最大の、そして唯一のチャンスでもあります。新居に要らないものは、持っていきたくありませんが、家具や家電などは粗大ゴミや家電のリサイクル対象品となって、依頼してから引き取ってもらうまでに日数がかかることもあるので、粗大ゴミや家電リサイクル対象の廃棄物があるときは数週間前から計画的に手配をすることが重要です。家電の処分を宅配で送ることのできる業者もあります。

 粗大ゴミの処分にはお金がかかるので、引越しの時に大きな家具屋家電を捨てる場合は、一度リサイクルショップで売れるかどうか聞くのもいいでしょう。そのあとは行政の行う処分場にクルマで持ち込む方法があり、処分業者に依頼するより安く済みますので、利用することをお勧めします。
 荷物が少なければ少ないほど引越し料金は安くなるので、古本や必要のないものは売ってしまうのもお得です。
 
 それらを含めて引越し業者に依頼することもできます。全体の荷物量次第ですが、新居に運ぶ荷物をすべて積み込んでから最後に不用品を積み、一度センターで廃品を下すか、最初に廃品を積んでしまい、最後にそのまま下ろさずに持ち帰る方法があります。もちろんその分トラックは大きくなりその分の料金と処分料はかかってきます。

 これらの不要品の処分に失敗するとせっかくの新居でゴミといっしょに生活するはめになります。考えようによっては荷造り以上に重要な問題です。引越しの日程が決まったらまず、ゴミ出しのスケジュールを確認しましょう。不用品をいかに早く的確に処分し、荷物をより少なく出来るかが引越しを上手にする決め手です。スケジュールに余裕があれば、大きなものだけでも捨てるものをすべて処分してから見積もりをしてもらえば完璧です。
  

引越し一言アドバイス

カーペットの事をわすれてませんか。捨てるのも、持っていくのも非常にかさばり、重たいものです。持っていくなら見積もり時点で伝え、伝え忘れたと思ったら、作業員に早めに知らせておきましょう。ただし、急にその場でいらないから捨ててと言われても困ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

当日に引越し先でやること

荷物の搬入  引越し業者のトラックが到着する前に準備出来るようにします。トラックの駐車

記事を読む

PAGE TOP ↑