*

引越し料金を節約する為に。日程の立て方と開始時間

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 料金・代金に関する事

この記事の所要時間: 345

71_original

自分でトラックを手配して、自分ですべて運べば一番節約できるのですが、単身者のように荷物が少なければ可能でも、ご家族の引越しとなると現実的ではありません。あくまで引越し業者に依頼する前提での節約術という話になりますのでご了承ください。

スケジュールをたてよう

 様々な段取りの必要な引越しは、初めての時はもちろん、何度くり返しても大変です。費用をおさえるにはどうしたらいいのか、引越し業者はどこに頼んだらいいのか、など問題がいっぱい。役所の手続きや、引き払う住居の片づけなど不安でいっぱいかもしれません。引越し費用をおさえ、段取りをスムーズにすすめるには、自分に合った引越しプランを立てて、しっかり情報収集をしましょう。引越しスケジュールを立てて、作業内容を項目別にリストアップしてプランを立てることで、忘れてしまいがちなことも順序良くこなすことができ、無駄な手間や時間をはぶことで、費用を節約した引越しができるはずです。

引越し一言アドバイス

段取り7割」という言葉があります。しっかりした段取りが組めれば、もう引っ越しは7割は終わったようなものだということです。それだけ引越しにおいては段取りが不可欠なのです。
まず引越しのスケジュールを整理してみましょう。引越しの日程、見積もりの依頼、荷造り、不用品の処分これで引越しができますが、それぞれに節約出来るポイントがあります。ただし、その分ご自身の負担が多くなることは覚悟しておいてください。

引越しの日程におけるポイント

1.繁忙期をさける

 引越し業者は忙しい繁忙期にはに料金を高く設定しています。進学や就職が多い3月?4月はもっとも引越しが多い時期です。特に引越しがピークになる3月末の春休みと土日が重なる日は、受け付けてもらえない場合もあります。この時期は引越し業者も料金を割高に設定しているため、料金の値下げ交渉をしても応じてもらえないことが多いでしょう。逆にこれをさけると料金を安く抑えることができます。引越し業者のホームページなどで調べて、できるだけ避けるようにすることで、何割も安くできます。また、割安料金で引越しが出来るだけでなく、引越し業者も時間に余裕があるため丁寧な作業が期待できます。

 3月?4月ほどではありませんが、繁忙期は5月のゴールデンウィークや、年末と8月の末?9月の初旬にもあります。会社や学校の休みや新学期、転勤時期との関係です。3月?4月も同じですが、新築物件の引き渡しが多いのも原因のようです。

引越し一言アドバイス

日にちだけではなく、「大安吉日」も注目するポイントです。なぜか引越しに関しては今だに気になさる方が多いようです。引越しの予約も「大安」から埋まり、人気のない「仏滅」は繁忙期でも最後まで開いています。新しい生活を始めるにあたり、良い日を選びたいのは人情ですが、普段から気にしておられないのなら、「仏滅」狙いも検討する価値があります。

引越し一言アドバイス

2か月前なら自由に日にちを選べます。あまり前だと具体的な日にちがわからないという場合は、一番埋まりやすい日を予約してしまい、後日正式に決定するのもいいでしょう。忙しい日からそうでもない日に変更するのは容易ですが、その逆は不可能な場合が多いのです。

2.引越しの開始時間を変える

 引越しというと、どうしても朝から始めなければと思いがちですが、時期をずらせない場合は、この考えを根本的に変えるのも良いでしょう。多くの引越しは午前設定のため、料金が割高になり、時間設定をしない午後設定やフリー便は割安になります。これらは、午前中に引越し作業を終えてからになるので、確実な時間設定ができないというデメリットはありますが、時間に余裕のある場合や引越し先まで距離が短い場合、荷物量の少ない場合などには、こちらを検討してみるのもおすすめです。

引越し一言アドバイス

 長距離便の積み込みや、降ろし作業は午前中に終わると考えられるので、近くの現場のチームを差し向ける予定でいますが、予定通りに終わらないケースや、午後便が複数ある場合は開始時間が大幅に遅れます。繁忙期には、朝から始めるべき内容の作業が、朝便が埋まっていたり、料金的な問題で午後便に振り分けられるケースもあり、クレームの元になっています。フリー便はそんな覚悟も必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

各種オプションの相場を調べよう(梱包・開梱・ハウスクリーニング)

各種オプションの相場(梱包・開梱・ハウスクリーニング) 梱包と開梱  現在の引越

記事を読む

PAGE TOP ↑