*

引越し当日の準備

公開日: : 引越し当日の事

この記事の所要時間: 148

a0001_015873

 引越し作業は、通常朝8時半?9時ぐらいにスタートします。当日は頑張って早起きして、当日まで使用した寝具や食料品を荷造りしてしまいましょう。ただし、掃除機やほうき、雑巾などは最後に使うので、荷物に紛れないように確保しておきましょう。
 

ご祝儀について

 ご祝儀を渡すのかどうかといった相談を受けることが非常に多いのですが、欧米流のチップという考え方であれば必要はありません。しかし、引越し作業において自分にかわって世話になる作業員に、会社に支払う引っ越し料金以外に、作業員に手渡しするのは祝儀と言って、チップとは違う性質のものです。また、引越しを縁起物ととらえることから、祝儀を渡すこと自体も縁起がいいとされています。作業開始前に、積み込みが終わったときに食事代として渡すのもいいでしょう。引越し代金の清算の際におつりと相殺するのも渡しやすいですが、初めに手渡ししたほうが「お願いします」という意味合いからもベストでしょう。

 確認しますが、心づけであり強制されるものや、制度的に決められたものではありません。

引越し一言アドバイス

 金額は作業員一人当たり千円ほど。4人作業で4千}?5千円といったところが相場で、渡しやすく、受け取りやすい額です。私見ですが、引越し代金はとことん値切って、その分作業員へのご祝儀にするつもりがいいと思います。

 長距離の引越しなどで、積地と降ろし地で別の作業員が作業するのが決まっている場合は別に用意しましょう。

後片付けや掃除など

 最後は引越しの後片付けと掃除です。賃貸物件などは不動産屋さんが専門業者を入れるので、特に必要ないのですが、礼儀としてできる範囲は掃除していきます。同時に忘れ物チェックをするという側面もあります。天袋や括り付けの戸棚、押入れ、物置、ベランダ、共用スペースなどがポイントになります。多少のごみは持ち帰るか、なかのいいご近所の方にあずけましょう。この辺は普段のお付き合いが物をいいます。最後に一声かけて、何かあったら連絡してもらうようにしておければ完璧です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

引越しにまつわる細かな注意点(挨拶まわり、手土産など)

 業者を手配したり、荷物を整理したりというのが引越しの基本ですが、意外と大事なのが近所付き合

記事を読む

PAGE TOP ↑