*

[引越しQ&A]引越し費用・代金の目安はどのくらいでしょう?

公開日: : 引越しQ&A

この記事の所要時間: 419

68_original

Q 引越しにかかる費用の目安を教えてほしい。

A 荷物の量や移動する距離、また時期によっても引越し料金は大きく変動します。

 引越しが決まってまず悩むのは、その引越し料金です。おおよその予算を立てようとして、各引越し会社に問い合わせても、「見積もりをしてからでないと・・」と大体の金額も教えてくれません。引越し会社の立場とすれば、個々に状況は異なり、どんな特殊な現場、荷物かはわからないのと、実際に見積りをした時に、「電話ではもっと安いことを言ってた。」などと言われかねないので、極端に荷物が少ない場合は別として、通常は料金を言いたがりません。

幅が大きい料金体系

荷物の量や移動する距離、また時期によっても引越し料金は大きく変動します。年度末から新年度の始まりである3月末から4月始めは、引越しの繁忙期と言われており、通常の料金よりは高い料金となってきます。
 また、同じ条件でも、サービスの内容が異なるため、引越し業者によって料金に大きな差がもあります。そして1階か5階なのか、階段作業かエレベーターが利用できるか、一軒家かもで変わります。エアコンの脱着などのオプション料金も加わります。このあたりが上記で、料金を言いたがらない理由になります。

引越し一言アドバイス

 業者によっては、電話でも料金を教えてくれます。たとえば2トン車と作業員2名で50,000円というような形ですが、注意しなければならないのは、もし訪問見積もりをしなかった場合、荷物が積み切れなかったり、細かなことで追加料金が発生しがちなのです。つまり引越しする側が見積りをして、必要な車両や人員を手配するようなことになります。

本当のところ、大体いくらぐらいなのでしょうか?

 基本的な引越しとして例をあげると、3?4人家族のいわゆるファミリータイプの引越し。距離は30?以内で移動時間はおおよそ1時間ぐらい。積地降地ともに特殊作業を必要としない1Fから1Fの作業。使用するトラックは4トン車。作業員はドライバーを含めて3名。引越し日時は、繁忙期ではない日曜日、朝8時30分からの作業開始。荷造り荷解きはご自分で行います。

引越し一言アドバイス

 少しでも安くする方法はありますが、基本は人件費と車両代です。朝からの作業ですと、3人分の人件費だけで40,000?50,000円かかり、これに輸送料金がかかりますので、いくら低価格をうたう業者でも、極端な低価格は通常ありえません。

ファミリータイプの標準的な引越し料金の目安

 この条件で各社の平均的な価格を見てみると、7万円から10万円というところです。もちろん、階段作業やその他特殊作業が入ればプラスになりますし、作業員が1人増えれば約15,000?18,000円追加になります。

 荷物量が少し少なく、2トンロング1台でつみ切れ、作業員2名で済むようなら、6万円から8万円。さらに少ない1DKぐらいの広さにお住まいの単身者などは、1トンから2トン標準車と作業員1人か2人で、3万から5万円。となります。

 軽自動車で詰める程度ならさらに安く、1.5000?30,000円程度でしょう。この場合にはお客さんのお手伝いが必要かも知れません。

引越し一言アドバイス

 標準的な引越しというより考える限り追加料金のない内訳になるでしょう。一軒家でも追加の作業料金が加算されます。また、保険料も加わります。

長距離の場合の料金の目安

 おおむね30?を終えると、上記の料金に距離加算が加わります。そして上限は当日中に作業を終え、支店や支社に戻れる距離までです。これを超えると判断される距離ですと、前日積み込み翌日降ろしとなり、料金体系も変わります。目安としては、標準価格に5割増し程度です。

 さらに距離が延び、他県への引越しとなると、中距離長距離と呼ばれ、標準タイプで500?程度の距離ですと、180,000?250,000円と、近距離の場合よりは差が大きくなってくる傾向にあります。翌日降ろしが可能なのは500?600?までで、それ以上になると翌々日になります。東京を起点にすると、大阪神戸までなら翌日。広島、四国は翌々日となります。

引越し一言アドバイス

 料金には有料道路料金も含まれますが、フェリーなどを利用する地区は、その料金も含まれるため、当然高くなるでしょう。

 長距離引越しの料金体系は、積地降地それぞれの人件費と、距離に応じた輸送料金の合計になります。大手の業者に人件費の大差はありませんが、各地に支店が存在しない主規模な業者は、作業員を同乗させるか、その都度地元の業者に依頼することになり、いずれにしても割高になります。また、帰り便などがない可能性があるため、往復の輸送量を計上しなければならないため、輸送料金も割高になります。

 ここに記載された料金は、あくまで参考価格ですので、利用される方個々の状況や時期、業者によって大きく差がありますので、訪問見積もり等での料金を保障するものではありませんのでご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[引越しQ&A]ご祝儀は必要なのか?ご祝儀とは何なのか。

Q ご祝儀は必要なのか?  引越し作業ですぐ思いつくのが、いわゆる「ご祝儀」と言われる

記事を読む

PAGE TOP ↑