*

[引越しQ&A]引越しの準備にかかる期間は?

公開日: : 引越しQ&A

この記事の所要時間: 332

a0001_015922

Q 引越しの準備にはどのくらいの期間が必要?

A 荷物量や生活の状況などで異なりますが、引越しが決定したらなるべく早い準備が理想です。荷造りだけではないので、 1か月ほどの期間が必要でしょう。

まずは引越しのスケジュールを立てる

 引越し当日まで日常生活を送らなくてはならないので、一日でというわけには中々いきません。スケジュールをしっかり立てて、少しづつ進めていきます。

引越し業者選び

 引越し業者の選定は早ければ早いほどいいのですが、最低でも、単身者なら1ヶ月、ご家族の引越しなら2ヶ月前にはきめておきましょう。

 引越しを希望する日に契約出来なかったり、引越し業者の選択肢が減る可能性があります。結果的に割高な料金になることもありますので、特に繁忙期に引越す方は特に早めに決める必要があります。

引越し一言アドバイス

 早いほど割引や特典が多いのは、通販型の自動車保険と同じ。若干の日にち変更は出来ますので、おおよその日にちが決まったら早めに契約し、予約を入れてしまいましょう。

荷造りはいつからどのように始めたらいいのか

 引越しを行う際に避けて通れない大変で、面倒くさい作業が荷造りです。計画的に作業を進めないとドツボにハマります。引越しが決まったら出来るものから初めましょう。荷物が少ないと思っていても、ダンボールに荷物を詰め込んでいくと、「こんなにも荷物が多かったのか」と思うことも珍しくありません。荷造りをし始めてからダンボールやガムテープなどが足りないと困るので、多少多すぎるぐらいに用意して余裕をもって荷造りをしましょう。

引越し一言アドバイス

 梱包を業者に任す場合でも、荷造りしてもらえない荷物もありますので、事前に確認しておきましょう。また、貴重品や趣味性の高いものなどは、自分で梱包するほうがいいでしょう。

引越しのあいさつ

 引越し時の近隣への挨拶は必要なのか?と思うことも。しかし、長年続いてきた習慣にはそれなりの理由があるはず。挨拶に伺うことで地域の情報が得られたり、気持ちよく挨拶を交わすことができたりもします。
ご挨拶することで、メリットもあります。引越し当日、荷物の搬出などで騒がしくなったとしても、 大目にみてくれると思いますし、引越した後に旧住所に荷物が届いてしまった時など快く預かって頂けるでしょう。
新居ではこれからお世話になる方々へ挨拶をしておくことで引越しの当日、荷物の搬入やトラックの駐車などで迷惑をかけると思いますが、こちらも大目に見てくれるでしょう。
新居では今後近所の方々とは長くお付き合いをしていくことになるので、一番最初の挨拶というのはこれからの付き合いを円滑に進めるためにも重要なものです。

荷物以外の引越し

 電気・ガス・水道はしっかりと手続きを終えておきましょう。引越し先のことはあとからで心配ないので、旧居の方をしっかりと終えておきましょう。各市町村の手続き案内がありますので、それを参考にするとスムーズに行えます。

引越し一言アドバイス

 インターネットなども事前にチェックしておいて、引越し先ですぐに使えるようにしましょう。

不用品の処分

 前日までに処分を終わらせましょう。特に、地域のゴミ回収の曜日を確認し、最終的に残る不用品の処分方法を考えておきましょう。このことをいい加減にして梱包を進めると、荷物の量が予想以上に多くなり、トラックに積みきれなくなり、追加料金を払う羽目になたり、新居に不用品まで持ち込み、結局大事なスペースを無駄に使うことになりかねません。

引越し一言アドバイス

 専門業者に依頼する場合も、早めに手配しないと間に合わないこともあります。荷造りと同時に不用品をまとめて、その量や物によって処分方法を考えておきましょう。

引越し準備のまとめ

 以上のように引越しにまつわる事柄は多くあります。1週間程度では非常にタイトなスケジュールです。仕事や生活をしつつですからなおさらです。特に曜日が決まっていたり、日数がかかることは早めに手がけることが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[引越しQ&A]見積りは何社くらい比較すれば良いでしょう?

Q 引越しの見積もりは何社くらい頼めばいいの? A 一概に言えませんが2?3社以上には

記事を読む

PAGE TOP ↑