*

知っておくと便利なダンボール箱への梱包、荷造りテクニック

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 引越しの基礎知識

この記事の所要時間: 426

16_original

ダンボールと梱包のテクニック

 引越し業者が提供するダンボール箱(以下ダンボール)の大きさは規格化されていて、引越し用には「大」「小」の二種類のダンボールを用意していることが多く、「大」はかさばるけど軽いもの、「小」は重いもの用です。ダンボールを使用する際によくやってしまうのは、小のダンボールだから、と本などを詰め込んで、ひどく重くなってしまうことです。

本などは三分の一ほど開ける程度がちょうど良いぐらいで、本にも優しいでしょう。一度持ち上げてみると見当がつくはずです。ダンボールの使い分けは基本的には「重さ」を基準にして区別します。本、食器、CDなどは「小」でいいでしょう。食器は割れ物なので梱包をしっかりすれば、重くなりすぎるほど詰め込めないので「小」が理想的です。

ダンボールの数は、「大」「小」半々の割合で、一人暮らしで20?30箱、夫婦で50箱、子供がいたら70箱ぐらい4人家族なら合計70?100箱ぐらいですが、それぞれの家庭で大きく違いが出ます。訪問見積もりの際に、営業の方にどのくらい必要か聞いてみましょう。

引越し業者に依頼すると、無料サービスでをもらえることが多いので、必ずもらっておきましょう。でも実際にはこの箱では足りません。業者にお願いすると、無料サービスよりも多めにもらえることがよくあります。使い古しならと、必要なだけ持ってきてくれます。

引越し会社は、引越し後のダンボールを回収するサービスを行っています。これが無料で貰えるダンボールになります。こういうリサイクルの箱は、新品の箱より強度が落ちている場合があるので注意しましょう。しかし、スーパーなどで貰ってくるものよりは絶対に良いので利用しましょう。

引越し一言アドバイス

使い古しといっても、なるべく綺麗なものでないといけませんから、業者のスタッフが選別してストックしておきます。現場に向かうトラックにも積み込みますので、繁忙期にはストックが尽きて、実際には新品が届くこともあります。

魔法のダンボール利用のテクニック

引越業者が来て作業を開始してからも、ダンボール箱は「大」を2つ開けてジャマにならない所に。これが引越作業に便利な魔法のダンボールになります。ひとつは「生活に最低必要な物」、つまり最初に開ける箱です。トイレットペーパーやティッシュボックス、タオル、お箸・コップ・お皿、シャンプーや石鹸、着替え(特に下着)等を詰め込んでおきます。最初に必要ということは、最後まで使っているものということですから、引越しの積み込みが終了するまでかけておきます。これで引越後とりあえず生活できるようになります。引越し先で、困った時に登場する魔法のダンボール箱です。「あるよ!」と言って取り出せばヒーローになれます。

もうひとつの箱はゴミ用です。ビニール袋でもいいのですが、ダンボールの方が設置しやすく、放り込みやすいのと、最終的に分別しなければならないので、とにかく何でも入れてしまうつもりで。家具の裏から正体不明の布きれ、日に焼けて埃だらけのサンダル、冷蔵庫のスミにあった何かの部品。この段階では、捨てようと思ってももう捨てることが不可能なので引越し先で処分します。とりあえず入れてしまえるダンボール箱一つあると便利です。

引越し一言アドバイス

せっかくの魔法のダンボールですが、ガムテープで封をしたあと、何も印を付けないと行方不明になり、必要なものがまとめてなくなる「悪夢の箱」に代わってしまうので要注意です。

養生テープとクラフトテープ(ガムテープ)を使い分けるテクニック

引越し業者が多く用いるのが、緑色のテープの「養生テープ」です。これは我々が使用しても超便利グッズなのです。

養生テープは手で横にまっすぐに切れるようになっていて使いやすく、一番の特徴は貼った後できれいにはがせることです。「養生」の名前の通り、引越の時に壁や家具が傷つかないように養生する(保護する)ためのテープです。家具に糊の跡が付かないように接着力より跡が付かないようにしています。

 使い方としては、接着力が必要なところ、捨てる物の梱包、もちろんダンボール箱にはクラフトテープ、家具の扉や棚の固定、細かなものをまとめるなどの時には養生テープと使い分けるといいでしょう。通常ガムテープと呼ばれる粘着性の高い「布テープ」は協力な接着力ですが、引越し作業では必要ないでしょう。クラフトテープと養生テープがあれば荷造りは出来ます。

クラフトテープは引越し業者がサービス品として、ダンボール箱といっしょにサービスしてくれるはずです。2?3個あれば足りるはずですが、荷造り中に行方不明になりやすいので,大目に用意しておきましょう。養生テープはガムテープより高めの値段ですが、引越の荷造りでは重宝しますので、必ず用意して下さい。ホームセンターなどでガムテープなどといっしょに売っていて、緑以外にも色々なものがあります。

引越し一言アドバイス

養生テープは家電や鏡などのガラス類、花瓶など壊れやすいものを、毛布などでくるむ際にも利用出来ます。これをクラフトテープでやってしまうと後々大変なことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

自分で引越しする時の具体的な方法

 主に経済的な理由で、どうしても自分で引越しをしたい人、しなければならない人もいるでしょう。

記事を読む

PAGE TOP ↑