*

単身引越しの極意?単身者用プランの紹介と注意点

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 料金・代金に関する事

この記事の所要時間: 426

a0001_015900

 単身者、もしくは少量の荷物だけの引越しの場合は、家族単位の引越し以上に、料金をおさえたいと思うはずです。ご自分のクルマで運ぶには積み切れず、大きな引越し専用のトラックを利用するほどでもなく、レンタカーを運転するのも自身がない。そもそも免許もクルマももってないという時に、少しでも経済的にでも簡単で楽な方法はないものでしょうか。

 大手引越し業者ではそんな方のための格安なパックを用意しているので、いくつか抜粋してみます。参考にしてもらえれば幸いです。

クロネコヤマトの単身引越しパック

宅急便で知られているクロネコヤマトでは単身引越しに便利なサービスパックが用意されています。 スタンダードな「単身引越しサービス」は104cm×104×170cmのBOXに家財を入れて引越しするパックです。約押し入れ1段分がすっぽり入る大容量が魅力で、低価格で引越すことが可能です。また、大きい家財道具を転居先で購入予定であれば「単身引越しサービスmini」があります。104×104×130cmのBOXに収まるようであれば、さらに安く引越しができます。「関東エリア以外の同一市区内の引越し」であれば13,650円で引越しが可能になります。もちろん期間によっては多少料金も上がりますし、規定のBOXに納めなければなりません。

 「家具家電レンタル×単身引越しサービス」というプランも用意されているので、新居への引越しと同時にレンタル品を搬入してくれますから、快適な新生活が始められます。

 「単身引越ジャストサービス」は早くて安いのが評判です。急な転勤などで時間がないビジネスマンなどに喜ばれているサービスです。

引越し一言アドバイス

クロネコに限らず、BOXやコンテナを利用する場合、はみ出ずにおさまらないといけません。はみでた分はもうひとつのBOXを追加しますので、一気に料金が倍になってしまいます。実際には宅急便利用を併用するようですが、慎重に荷物の大きさを計算しないと、意外と割高になります。

カルガモ引越しセンター

 「単身引越し節約プラン」というのがあります。関東圏中心に展開する業者で、東京、千葉、神奈川、埼玉エリアに適用されるプランで、2t車を利用する本格的な作業です。部屋の大きさで料金が決まっていて、1Rでスタッフ1名の料金が13,800円、1DKスタッフ2名で22,500円と激安料金です。

 さらに少量の荷物の場合には「子ガモ便」というプランがあります。東京23区内の引越しなら9,800円という宅配便以下の料金設定です。実際にどれぐらい積めるかというと、全自動洗濯機、冷蔵庫(2ドア)、TV(32インチ)、Sベット、電子レンジ、ローテーブル、ダンボール10箱、カラーボックス、 ワゴン、布団袋、ビデオ、ステレオ、コタツ、ストーブ、扇風機、パソコン というのが例に挙げられています。単身者なら十分ですね。

引越し一言アドバイス

このような部屋のタイプで料金が決まるシステムは、BOX利用のものに比べてダンボール1?2個の差で料金が変わることがないので安心でず。

ファミリー引越しセンター

 こちらの「シングルプラン」では、大物家具の搬出・セッテイングとをまかせるプラン。あとは希望に応じて必要なオプショナルメニューをプラスできるので、お手頃な料金で引越しできます。 首都圏内で1DKの場合。作業条件・日程により料金が異なりますが、18,900円?となっています。また、荷造りする時間のない方には「シングルプラン梱包コース」もあり、42,000円?になっています。

アート引越しセンター

 知名度では№1の引越し専門業者です。単身者用のさまざまなパックを用意していて「学割パック」「レディースパック」「シニアパック」があります。パック料金の設定はありませんが、例として挙げられているのが「学割パック」で、京都から東京まで550?の長距離利用で、荷物量は2?。具体的には、ふとん、洗濯機、テレビ、ダンボール箱6個という内容で、30,870円となっています。長距離ですから混載便ですが、大手だからできる低価格でしょう。長距離では利用する価値ありです。

引越し一言アドバイス

「学割パック」で引越しすると、もれなく「カーテン」がもらえます。これって意外とうれしいものです。学生さんが一人暮らしする時、親御さんが真っ先に買うのが「カーテン」なんです。ちなみに色も4色から選べます。

 このように、一口に単身用パックと言っても、BOXを利用して荷物量を制限するタイプと、部屋のサイズで料金を固定させるタイプ、トラックの大きさで決まるタイプとさまざまです。トラックの大きさで料金が決まるタイプは、近距離の引越しに向いているでしょう。荷造りもある程度まとめる程度で大丈夫です。BOXタイプは長距離向きで割安ですが、荷造りは真剣に行う必要があります。
 
 どのタイプを利用するかは、どのような引越しをするかで決めるべきでしょう。
尚、個別の料金については、各業者に確認してください。
 
※価格などは全て記事作成時のものです。ご利用の際は各社サイトなどでご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

比較見積りサイトの活用、上手な利用法

ネットの真骨頂、比較見積りサイト  最近のテレビCMで目立つのは、「新車」と「自動車保険」。そして

記事を読む

PAGE TOP ↑