*

各種オプションの相場を調べよう(梱包・開梱・ハウスクリーニング)

公開日: : 料金・代金に関する事

この記事の所要時間: 342

15_original

各種オプションの相場(梱包・開梱・ハウスクリーニング)

梱包と開梱

 現在の引越し業者が提供する有料サービスの、代表的なものが荷造りを行う梱包サービスと、荷解きを行う開梱サービスである。引越しの荷造りや荷解きはご自身でされる方が多いと思いますが、荷物、または部屋数が多すぎて手に負えない、時間がない、あるいは単に楽したいといった場合には、引越業者のオプションサービスを利用することができます。一般に「おまかせプラン」「らくらくパック」と呼ばれる梱包、解梱包サービスです。梱包のみ、解梱包のみ、部屋指定といったことも対応しています。

梱包サービス

 あらかじめ家具類に収納されている食器、小物、衣類などを箱詰めうる作業です。ダンボール箱などの資材は引越し業者側が用意します。通常は引越し前日にスタッフが資材とともに伺います。荷物量が少ない場合は、引越し当日に行うこともあります。

引越し一言アドバイス

 梱包資材には、フトン袋やハンガーBOXなども含まれ、前日梱包の場合は、引越し当日の朝まで使用するもの以外は、搬出可能な状態にします。

梱包料金の相場

部屋の数、荷物の多さで金額は変わりますが、3LDKにお住まいの4人家族で、平均的な荷物量であれば前日作業で40,000円前後です。内訳としては、2?3人のスタッフの人件費と使用する資材費です。

開梱サービス

 梱包の逆で、荷解きを行い、家具に戻します。通常は同じ業者が梱包を行ったものの開梱を行います。したがって開梱のみのサービスは通常は受付ないことが多いようです。作業終了時には、使い終わった資材を回収してもらえます。引越しが終了するのを待って作業は開始され、時間次第では翌日に行われることもあります。

開梱料金の相場

 梱包料金から資材使用料を引いた金額で、上記の場合は2?3万円です。

引越し一言アドバイス

 このサービスで注意しなければならないのは、荷造りを依頼しても、いるもの、いらないものの判断や、引越し先での配置等の指示を梱包作業員にしなければなりませんし、荷解きの際にもどこに何を配置するのか指示していかねばなりません。ご自身が使い勝手の良い住居にするためには、すべてまかせては後でやり直すはめになります。適格に指示することが重要になります。

引越し一言アドバイス

 開梱の場合は落ち着いて時間をかけてもいいので、全部を依頼するよりは、食器類のみなど、一部分だけを依頼するのがいいでしょう。

ハウスクリーニング

 面倒な換気扇、レンジ、床下収納などキッチンまわりの清掃をはじめ、バス、トイレ、洗面所などの水周りの清掃から、窓ガラス、ベランダ、カーペットまで徹底的な清掃を行います。引越し前後の空室状態で行うのが基本です。

ハウスクリーニングの相場

 3LDK程度の広さなら、全体のクリーニングで30,000円前後が一般的ですが、バスルームのみ、台所のみといったプランも選べます。

引越し一言アドバイス

 賃貸物件の場合、不動産業者が専門業者を利用するので、自ら完璧なハウスクリーニングを行う必要はなく、無駄になってしまいます。引越し業者によっては無料の清掃サービスを提供しており、常識程度の後片付けなら十分かもしれません。

その他のオプション

 引越し業者によってはこの他にも大小様々なオプションサービスを提供しており、料金も異なるため、正式な引越し見積もりを取る際に、それぞれご確認ください。

引越し業者により受け付けているオプションサービス

・一時保管、トランクルームサービス
・自動車、バイク輸送サービス
・PC、オーディオ配線設置サービス
・ペット輸送
・盗聴器、盗撮器発見サービス

引越し一言アドバイス

 最近は、およそ考えられるものは全て揃っているのが引越しのオプションです。引越しとは関係ないんでは?と思うもも次々と登場しています。但し、業者自ら行うことは少なく、専門業者と提携しているものがほとんど。引越し業者が変わっても、オプションサービスは同じ人間が行うこともあるようです。ものによっては、ご自身が直接依頼したほうが安価なケースもあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

引越し料金の目安とその内訳

 引越業者からの見積もりを検討する際に、一番気になるのがその引越料金がではないかと思います。

記事を読む

PAGE TOP ↑