*

[引越しQ&A]雨が降った場合の作業は?中止になりますか?

公開日: : 引越しQ&A

この記事の所要時間: 233

rain-122691_640

Q 雨などの悪天候でも引越し作業は行うのでしょうか?

 引越しは新しい生活への第一歩。当日の天気は気になります。その日に合わせてすべての事を行てきたのですから、天気が悪くても簡単に日にちの変更は出来ません。でも、雪や大雨などの悪天候ならどうなるのでしょうか。

A 基本的には雨天決行

業者側の事情

 基本的には、当日の朝に雨や雪などが降る悪天候でも引越し作業は中止にはなりません。もちろん引越し作業の途中で天候が悪化した時も同様です。その後の引越しスケジュールの関係もあり、翌日に延期することは困難であり、当日の車両やスタッフの手配も住んでいるため、業者側からのキャンセツはありません。
 利用する側からのキャンセルや延期は可能ですが、キャンセル料を請求される場合があります。その場合は引越し代金の20%ほどが請求されます。また、現実的には、繁忙期などスケジュールが込み合っている場合には、日程の都合がなかなかつかないという事もあります。

引越し一言アドバイス

 晴天であればいいのですが、天候だけはどうしようもありません。長期の天気予報に合わせて引越しの日程を調整する人も聞いたことがありませんし、もしそのような慎重な予定を組んでも、予報通りの天気になるとは限りません。

 大切なのは、雨でも最低限荷物を守れるような梱包が必要でしょう。特に中の物がむき出しの状態での梱包はなるべく避けましょう。

例外もあります

例外として、台風や大雪などの常識的に作業が不可能な状態の場合や、車両が運行出来ない状態が予想される時などは、双方が相談の上、相談に応じてくれます。

 また、雨の日でも防水シートなどで荷物の雨対策を準備し、万全の状態て作業を行う業者とそうでない業者があります。この雨天時の作業方法をサイトで公開したり、パンフレットで説明してくれる業者もいます。

例 MOVING S (ムービングエス) 
https://www.moving-s.com/services/operation/rainy-day.php

引越し一言アドバイス

 とは言え、荷物が濡れることはあります。それでもダンボール箱なら多少の雨なら問題はないですし、家具などもすぐに拭き取ってもらえれば影響はありません。濡れて困る荷物、例えば布団類やソファーなどは専用カバーや防水シートを利用してもらえれば問題ありません。家電製品などは業者に任せて保護してもらいましょう。梱包作業を業者に任せる場合には、すべてやってもらえるので安心です。

天気はどうしようもない

 出来れば良い天気の日に引越ししたいものですが、我々が暮らす日本は雨が多く、北国では雪が当たり前の地区もあります。作業員はそんな中、ただでさえ大変な作業を、大切な家財をなるべく濡らさないように懸命に行います。それでも多少の雨がかかることは致し方ないでしょう。そんな時、感謝こそすれ、クレームをつけてもしょうがありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[引越しQ&A]ご祝儀は必要なのか?ご祝儀とは何なのか。

Q ご祝儀は必要なのか?  引越し作業ですぐ思いつくのが、いわゆる「ご祝儀」と言われる

記事を読む

PAGE TOP ↑