*

荷造りの手順や準備、引越し業者に確認しておくべきこと

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 引越し前の事

この記事の所要時間: 355

11_original
 引越しの具体的な日程が決まったらできるだけ余裕をもって荷造りを始めましょう。けっこう時間のかかる作業なので、引越し予定日から遅くとも2週間前ぐらいには始めましょう。

荷造りの手順

 生活しながらの荷造りは思うようにはいきませんが、基本は玄関から一番遠い部屋から始めます。大きな家具や家電は引越し当日、引越業者が専用の資材で梱包するのでそのままでかまいません。この際ですから要らない物は思い切って処分してしまうのもいいかもしれません。また普段使用しない物から始めるとスムーズです。詰め終わったダンボールで 部屋がどんどん狭くなってしまうので、まず詰め終わったダンボールを置く場所を確保しながら作業を進めます。ひとつの部屋をダンボール置き場にしてしまう事をお勧めします。

 洋ダンスに掛っているコートやスーツ類はハンガーBOXが利用出来るはずで、ハンガーにかけたまま運ぶことができます。引越し前に届けてもらうか、当日に持ってきます。その他の衣類は大きめの箱に詰めます。プラスチックの衣装ケースなどもそのままで大丈夫ですので、蓋が空かないようにテープなどで封します。着物は専用のダンボールやケースが用意されている業者もあります。確認してください。

箱詰めの基本

 箱詰めの基本は、軽い物は大きな箱に、重い物は小さな箱に。積み重ねる事を考えて、隙間なく積めるのがコツです。ただし、食器類など壊れやすいものはその限りではありません。 空いてしまった隙間には新聞紙などを丸めて詰めるだけで強度が増します。また自分が持てないような重さのダンボールは、引越作業員も持てません。仮に持つことができても底が抜けてしまうので、本やレコードなどを箱詰めする際には適当な重さに調整する必要があります。

緩衝材は新聞紙でも代用できます

専用の緩衝材もありますが、新聞紙でも代用できます。ひとつひとつ包みましょう。底にダンボールかエアキャップを切ったものをひくと尚安全です。重たい物を下に、お皿は平らではなく立てて並べると、割れにくくなるのです。詰め終わった箱をゆすってカチャカチャ音がするようであれば、隙間に新聞紙などを詰めて中身が暴れないようにします。スプーンなどの小物はラップなどでまとめると便利です。食器類の箱詰めは重くなる傾向があるので、小さめの箱を使用しワレモノ、または食器と書いておきましょう。食品類は特に注意が必要です。引越し先で物置の奥にしまわれ、何年も発見されない危険があります。

冷蔵庫は早めにコンセントを抜いておく

冷蔵庫は霜が溶けて水が出るので、前日、または遅くとも6時間程度前までに中身を出し、コンセントを抜いておきましょう。密封できない調味料類、醤油差しなどは中身を捨てるか、何重にもくるみ、密閉式のビニール袋やプラスチック製の容器に入れて、外から明記しておきましょう。ビン類などを詰めた箱には必ずワレモノと明記してください。万が一のために個別にビニール等で包んでおきましょう。

引越し一言アドバイス

TV、ビデオなどのアンテナの脱着、配線などは基本的には有料です。引越業者の仕事はあくまで機器の運搬、設置のみです。サービスで配線までやる業者もあので、ご自身で配線する自信の無い方は事前に確認しましょう。自身で処理する場合はコード類をコンパクトにまとめておきます。

引越し一言アドバイス

机などの引き出しの中身はそのままでも運べますが、隙間から落ちやすいので、きちんと箱詰めして運んだ方が無難です。飾り棚、鏡台などの引き出しについても同様です。

引越し一言アドバイス

分解、組み立てが必要な家具、ベット類は、見積もり時にどうするか決めておきましょう。そのまま運び出せるものは分解する必要はありません。作業員の判断に任せる場合は、当日に作業員がやってくれます。物によっては作業が有料になる場合もあります。

引越し一言アドバイス

 引越し先ですぐに使うようなもの、タオルや石鹸、下着、靴下などは手持ちの荷物として、ある程度まとまった数を入れておき、最後に積んでもらえるようにすれば、引越し先で最初に出てきます。最後まで使うものも同様です。上記のもの以外に、掃除道具と当日の朝食、携帯電話の充電器などは、まとめておき、他の荷物といっしょに運ばれないように印をつけておくといいでしょう。

引越し一言アドバイス

 業者によって、当日のサービスが大きく違ってくるので、どこまで荷造りするのか、当日どこまでやってくれるのかを確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

引越しの準備と荷造りの用意

引越しの準備  新しい生活を始めるためには多くの手続きや準備をしなければなりませんが、

記事を読む

PAGE TOP ↑