*

引越し業者のさまざまなサービス

公開日: : 最終更新日:2014/05/30 引越し業者を選ぶ

この記事の所要時間: 421

24_original

 引越し本来の作業以外にも、引越し業者の行う仕事は多岐にわたります。中にはあまり知られていないものや、これは本当に必要なのかと思う様なものまで、有料無料と様々です。ここでいくつか紹介してみますので、参考にしてみてください。

無料で行う各種サービス

荷造り用ダンボールサービス

 業者と引越し契約を結ぶと、無料でダンボールをもらえます。訪問見積もりならその場で置いて行ってくれるか、足りない分は翌日に届けてくれるので、すぐにでも荷造りが始められます。数量は業者によって様々ですが、平均的な家族引越しならダンボールの大小50枚程度、クラフトテープ2?3個、食器用紙、ふとん袋数枚。あとは有料になり結構いい値段がします。基本的には大きさと形が揃った荷姿が理想なので、足りない分は再利用品を無料で届けてくれます。

 ハンガーボックスは5個程度から必要個数まで無料の業者が多いはず。通常当日に持参し、掛け替えてくれますが、ご自分で整理したい場合は事前に配達してもらえます。レンタルなので作業終了後に持ち帰ります。

引越し一言アドバイス

営業マンは常にダンボール類を余分に積んでいて、営業の途中で注文のあった枚数を届ける仕事もします(段配)。ダンボールだけの配達は忙しい営業の妨げになりかねないので、最初から規定のサービスよりも多い枚数を置いて行ったりします。再利用のダンボールは無料ですので、遠慮なく頼みましょう。お店でもらえるものより丈夫ですので利用しましょう。

ダンボール引き取りサービス

 業者の名前の入った専用ダンボールのみや、すべてOKの場合もあります。通常日にちの制限はありませんので、整理し終わったらまとめて出せるようにして連絡します。一度だけというのが基本です。

引越し一言アドバイス

大きさ、種類別にたたんでおくのがルールです。

諸手続きの手配

 引越しにともなう面倒な手続き、忘れがちな諸手続きを代行するサービスで、大手の引越し専門業者が行っています。電力会社、新聞、郵便局、NHK、PCプロバイダーなどです。

引越し一言アドバイス

色々な書類や契約書を用意しなくてはならず、かえって面倒くさい場合もあります。自分でできない事情があるときに利用するといいでしょう。

家具などの移動サービス

 家具の配置などは住んでみて初めて使い勝手がわかるもの。通常なら有料の作業を、引越後1年以内の家具の移動を1回に限り無料で行うサービス。模様替えなどのときにも活用出来ます。業者によっては引越し作業終了後に、一定時間のサービスを提供しており、清掃や後片付けが主ですが、とかその時に家具の設置位置の変更も頼めます。

引越し一言アドバイス

遠慮される方が多く、ほとんどリクエストがないようです。せっかくですから利用されてみてはいかがでしょう。

有料で行う各種サービス

ハウスクリーニング

 引越し先については先方の不動産業者がすでに行っている場合がほとんどですが、引越したあとの掃除は自ら行わなければならないケースがあります。また、引越し先についても、前回のクリーニングから時間がたっていたり、新築後やリフォーム後でも、もう一度やり直す必要がある場合もあるでしょう。そんな時、業者を探す手間を省けるのが、引越し業者が提供するハウスクリーニングです。引越しのタイミングに合わせて行ってくれるのが利点です。梱包作業を依頼していれば、梱包作業終了後に引き続き行うこともあります。

引越し一言アドバイス

引越し先の後かたずけや、開梱作業なども頼めて、お年寄りや女性、忙しい方にも便利です。

クルマやバイクの陸送

 遠距離の引越しで、ご自身で運転して持っていけない事情があったり、複数の車両をお持ちの方むけでしょう。専用のキャリアカーで届けられます。

引越し一言アドバイス

けっこう高い料金なので他の方法を先に考えた後で利用された方がいいでしょう。一般のお客さんの利用はほとんどなく、会社が費用を負担する転勤の方ぐらいしか利用しないのが現状です。

エアコンなどの取り外し、取り付け

 電気屋さんに頼んでもいいのですが、積地と降ろし地両方で頼むのは面倒です。引越し業者に一括して依頼すると、前日までにはずしてもらえ、引越し当日に荷物として積んでいき、引越し先では地元の業者が当日か翌日に取り付けてもらえます。料金も安いと思います。ちなみに洗濯機などは契約時に頼んでおけば通常の作業なら、設置して使える状態にしてもらえます。これは無料で行うのがほとんどです。

引越し一言アドバイス

洗濯機に関しては、事前の申し出がないと、「指示されてない」「出来る人間がいない」などといわれるケースがあるので、注意しましょう。

以上は代表的なサービス内容ですが、引越し業者によっては行わないもの、内容が違うもの、有料か無料かも違います。詳しくは、それぞれの業者にお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大手引越し業者を比較 パート1(日本通運・クロネコヤマト・アート)

 すべての業者を比較するのは不可能なので、取扱いランキングの上位を占める大手引越し業者の特徴

記事を読む

PAGE TOP ↑